2018年3月22日木曜日

MV-1A 修理とマルチBIOS化

3,000円そこそこでジャンクとして入手したMV-1A基板。とりあえず基板の掃除と接触不良の確認とか、基本的なメンテをしたら起動するようになった。


最初はこんな感じで画面が少し崩れてたけど、最終的にはほぼほぼ完璧に動作するようになった。「ほぼほぼ」って言ってるのは、なぜかKOF'99だけで音が出ないため。他のカートリッジでは音が出てるので原因は良くわからないんだけど……このカートリッジ自体、接触悪めなので、あまり気にしないことにした。

で、この子はBIOS簡単に差し替えられるので、せっかくだから複数のBIOSが切り替えられるように魔改造してみた。前回の基板もあるのでASIA/EUROPE版と日本版のBIOSが手元にあるので……0x00000401だけ望みのリージョンに書き換えとくとかじゃなくて、普通に両方のBIOSを胸張って載せられる!まぁ、個人的にはBIOSメニューが日本語になっても嬉しくないけど。日本語フォント綺麗じゃないし。UniBIOSはまぁ解釈は人それぞれだろうけど、OKと思えばそれだって切り替え可能にする事は可能。

(マルチだから、はわわ)

こんな感じですね。本来のEPROMの4倍サイズのEPROMを載せてます。右上の2ピンが役割が違っていて、アドレスの上位2ビットになってます。なので、この2ピンはソケットから外してあって抵抗で強制的にpull-down。DIPスイッチ入れるとHIGHになるように空中配線してます。これで4種類のBIOSが切替可能。

普通の人は2倍にしといてオリジナルとUniBIOSを切替可能にしとけば十分かも。いや、UniBIOSだけで十分なのかもしれませんが。

0 件のコメント: