9999年12月31日金曜日

当ブログにおける注意点

全般的な注意点

Basically, all articles are written in Japanese, but please feel free to ask me to translate or explain it via Twitter, etc. At GitHub, I'm using English usually.

本ブログは個人の意見を発信する場となっています。ここで記述された情報、意見は所属する組織とは一切関係ありません。

また、記述された情報を利用する事で発生した問題についても当方では一切責任は負えません。自己責任でお願いします。

コメントの見落としが多いというか、ほとんどチェックしてなかったので、何かあればTwitter等のソーシャルメディアで突いてもらえれば捕まるかと思います。

電子工作・アーケード基板系の記事について


趣味で書いてる記事のため、わりと軽い感じで書いてたりはしますが、当方一応は電子工学学士、情報理工学修士です。元LSIの論理設計者でもあり、現役のソフトウェアエンジニアでもあります。適当にやってるようで実は難しい・あるいは危険を伴う事もあるので、専門的な知識、記事の理解なしに見よう見真似で試すのはやめて下さい。ソフトと違って不可逆な失敗のリスクはいたるところに転がっています。最悪、命を脅かすような事故にも繋がりますのでご留意下さい。不明な点はTwitter等で気軽に話しかけてもらえればアドバイスできる事もあるかもしれません。


ソフトウェア系の記事について


ソフトウェアに関しても低レイヤーの情報は一歩操作を誤るとデバイスの文鎮化、データの消失など重大な被害に繋がります。こちらも十分な知識なく、記事を鵜呑みにして実行するのはやめて下さい。


際どい技術情報について


特にメーカー保証の終了した基板の修理などは、修理・調査の過程で本来開示されていなかった技術情報、あるいは守秘義務によって守られるべき技術情報を偶発的に知ることが多々あります。調べた事は可能な限り共有しあう文化で育ってきたため、自分で調べた事は積極的に発信しています。その際、関係各所には配慮するなり、不利益がないよう考えてはいますが、所詮こちらの立場しか見えておらず、権利者からみたら不都合があるかもしれません。その際には連絡頂ければ直ちに双方にとって良い状況になるよう対処したいと考えています。よろしくお願いします。権利を持たない方からの警告等は対応いたしかねますが、個人的に妥当と思える場合には対処します。例えば権利は昔在籍した会社が所有するが、実際にその製品に関わっていた、といった人からの連絡などは間違いなく配慮します。

2020年11月23日月曜日

秋に遊んだゲーム

んー、bloggerの編集UI変わりすぎてて、投稿内容のフォーマットが維持できてるか、よーわからん……。まぁ、気にせずに久々の更新。あんまりゲームできてない。

V!勇者のくせに生意気だR

PSVR買った頃からずっと気になってたんだけど、VRセールやってたので買ったよ。

目の前の箱庭の中で遊ぶRTS系のゲームなんだけど、難しく考えなくても遊べるようになってるのでマニアじゃない初心者でも安心。実際、僕はRTSはAoEとかスタークラフト流行ってた頃にやり込んでた友人に呼ばれて遊んではタコ殴りにされてたので苦手意識あったんだけど(笑)楽しく最後まで遊べました。最終ステージだけ急に難しくなるかな。

まぁ、なんと言っても一番の魅力は魔王の娘ちゃんだね。可愛いから公式動画埋め込んどく。


「○○だのー」ってやる気ない感じのツンツン声が可愛い。頑張ってコンプリートすると娘ちゃんの衣装がかわるので最後まで遊ぶように。あと、おさわりすると良いよ。

Vader Immortal: Episode I

Questで買いました。なんか、いきなりダースベーダーに襲われたかと思ったら「お前こそが探していた男だ」とか、いきなり手先にさせられそうになり、逃げろーって感じのストーリー(雑

ちょっと突拍子もない切り口で始まるんだけど、ゲームとしてはライトセイバーを握って、ぴゅんっ、ぴゅんっって飛んでくるスターウォーズなレーザーを、ゔぉん、ゔぉんって跳ね返して喜ぶ感じ。実際にはVRアドベンチャー的な要素がメインなんだけど、まぁレビューでもみんな「道場がこのゲームの本質」って言ってるしな(ちなみに道場はライトセイバーの戦闘を練習するトレーニングモード)。

本編は一気に遊べるくらいの分量です、数時間とか。安いし気軽に遊べるVRゲームって事で、デバイス手にしたら遊んだ方が良いゲームかな。特に慣れてない人の入門用には良いと思う。

スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー

これもQuestで。PSVRでも出てたと思うけど、立って少し動き回るスペースが必要なのでPSVRは設置条件に注意。

右!左!ってくらいの簡単なアクションなので、ダンスと聞いて怯えなくても大丈夫。これも数時間くらいだったかな?セガらしいおバカな雰囲気で気軽に遊んでストレス発散できます。ストーリー重視ってわけじゃないから繰り返し遊んでも楽しめるんじゃないかな。

精霊戦士スプリガン

外山さんのシューティングで家庭用で何かやりたいなーって事で。パワーアップシステムの違う魔法大作戦って感じですね。グラフィックとか敵の動きとかは魔法大作戦好きは気にいると思う。残機の増え方とかも同じですね。スコアで結構増えるので凡ミスとか気にせず続行できる。復活も比較的しやすいし。ボム相当の機能も余裕持って使えるので初心者に優しいです。

パワーアップシステムは少し複雑で。COMPILEの系譜っぽくウェポンの選択が潤沢。4色のパワーアップアイテムがあるんだけど、最後にとった3つの色の組み合わせで攻撃パターンが決まる。順番だったり2色以下のときの各色の比率とかは関係ない。詳しくはデモ画面でも丁寧に説明されるので一度は見ておくと良いかも。


こん感じで、個人的には赤・青・緑を順番にとってくのが最初はおすすめ。カラーの出てくる順番は決まったローテーションなので、3色ウェポンはほぼ何も考えずに取り続けてれば大丈夫。この色だとバリア+ワイドって感じで攻防ともにゆるくプレイしてても先に行きます。慣れてきたら赤青。3色は火力が少し弱いのと、ラストは早期に撃ち込んで撃破しないと辛いシーンもあって、こっちの方が敵配置がわかってくると強い。


HALO: REACH

箱のGAME PASSにあったHalo: The Master Chief Collectionの1つ目のキャンペーン。順番に始めたつもりだったけど、実は1作目じゃないっぽい。1作目のスピンアウトで時間軸的には過去の話って事でメニューの一番上にあったのかな?

FPSってほとんど遊んだ事なくて、ひたすら銃で撃ち合うだけのゲームって思ってたんだけど。ここまで作り込まれたSFの世界観の中でストーリー重視でキャンペーンが進んでくってのが自分には新鮮で。なんとなく始めたはずが一気に最後まで遊んでしまった。さすが世界でヒットしてた作品。

超巨大な戦艦の落下や高度文明が星ごと廃墟化する様子、救うものがなくなった世界にただ一人残されても最後まで同じように生き続ける様。そういうSF化された禅の世界観や演出が美しいなーって感じました。

でも、車の運転だけは操作系めちゃくちゃ。なんで?異星人から奪った乗り物は操作しやすいのに、意味わからん。

ちなみにVRのFPSはぎゃる☆がん最強。いや、そっちも比較するほど数やってないけど。そういえば、ぎゃる☆がんVRも今年やったけどブログに書いてなかったか。

そのほか遊び途中のもの

VRだとたまに人集めてBeat Saberやったり、日頃の運動としてDance CentralとかFitXRとかやってます。DéracinéとLast Labyrinthもプレイ中。このへんはクリアしたタイミングでまた。あと、リトルウィッチアカデミアVR ほうき星に願いを。これは書きたいこといっぱいあるのでクリアするぞ!他にも、In Deathとかソード・オブ・ガルガンチュアとかも気が向いた時に遊んでるけど、終わりのないゲームだしな。12月は期待してるゲームが沢山でるので嬉しい悲鳴。

2020年8月13日木曜日

基板修理:続・ムーンクレスタ

以前、メインボードだけの状態からサブボードを全部自作して復活させたムーンクレスタですが、追加で少し直した場所があるので記録。

1つ目はこれで。まぁ、ぶっちゃけマルチになってるんだけど。 

で、最後の修理はショット音。ざっくり信号の流れを書くと、9Lで0xA805へのアクセスを受けてショット音のトリガの一方はそのままダイオードとコンデンサを使って徐々に減衰する信号となり、他方は8LのNANDの1番、2番へ入り、要はINVとして使って反転した出力が3番から外へ出て7SのNE555へ。この555からの出力と先程の減衰信号が7Rにある4066へ入りショット音を形成し、最終的には7Tのオペアンプを通った後に他のサウンドと合成されてボリューム回路部分へ流れていく。で、最初はサウンドの要であろう555を疑ったんだけど、それは間違いで。よくよくオペアンプの入力を圧電ブザーに繋げてみたら、それっぽい効果音が作られてた。そんなわけで7Tのオペアンプを交換したら無事にショット音も鳴るようになりました。

これで一応、自分で気づける範囲ではすべて正常動作するようになりました。めでたし。 

2020年8月12日水曜日

IONA-MJ

 IONA-JSの別バージョンの基板としてスーチーパイ対応の基板を作ってみた。

下のJAMMA端子に繋げばIONA-JSと同等の機能、上の麻雀端子に麻雀ハーネスを繋げばスーチーパイに対応したJVSの信号に変換します。スーチーパイについては以前の投稿で調べた情報を使いました。Arduino版では無理やり入力組み合わせで遊べるようにしてあったんだけど、今回のでまともなコントローラ繋げられるようになりました。めでたし。

端子判定については、レバーで同時入力できない組み合わせの信号を麻雀端子側ではGNDになる端子にそれぞれ割り当ててあり、起動時にレバー同時入力が発生していたら麻雀モードって感じになってます。たいした需要もないはずなので販売の予定はありません。

基板修理:鉄拳3

久しぶりの基板修理。あまり精神的な余裕がなくて……と思ってやってなかったけど、違うな。修理した方が気分がスッキリした。

という事で、起動しないSystem12の鉄拳3の修理。まずはどのボードに不具合があるのか調べるためにSONYの基板COH-700を同じくSystem12のワースタ99と交換。これであっさり起動してくれました。

COH-700に関してはあまり個人でできる事はないような気がしてたんだけど、とりあえず電解コンデンサの交換は海外の掲示板でそれなりに見かけたので練習がてら実施。表面実装のところを敢えてリードタイプに置き換え。表面実装は古くなってから載せ替えるとパターン剥がしちゃいそうだし。

画面の同期信号は来ていたのでCPUまわりかなぁ……と右下のやつから交換してったのですがハズレ。下のがCPUで真ん中がGPU、上の2枚がGPUフレームバッファ用のメモリかな。一番上のnamcoロゴの横のやつが天井に穴っぽいのが空いていて容量が半分くらいになってました。ここまで交換した時点でたまに起動したり、起動しなくても最初に画面周りの初期化が走る際に画面が点滅したり。他のコンデンサは「念の為のノイズ対策」で動作に大きく影響しなさそうだったんだけど、今回は経験値上げるって事で一通り交換。やっぱり変化なし。

その後、接触の悪いICがないか調査。大きなやつの足がきちんとハンダ付けされてるか、オシレータとかも含めて表面実装の小さいやつが欠けてないかとか目視で確認したんだけど気づくような問題はなし。各チップを押したり基板に少し力を加えたりすると不安定になるのはわかる。止まるときは画面も音楽も固まってしばらくしたらリセット、という動作。クロックとかリセットを疑ったんだけど違う。CPUのバス化けかなぁ……とメモリのハンダ付けをし直してみたけど効果なし。


触ると不安定になる事は多かったんだけど関係ないだろうと思ってた左上のMC44200FTを最後に確認。基板の中央側に当たるチップ右側の足をハンダ補強したところ……安定しました。うーん、このチップについてはデータシートが見当たらなくて、でもまぁ見てわかるようにRGBのDACなんですよね。不具合あっても画面でなくなるくらいでCPUやサウンドは動くと思ってたんですけど、そうでもないんですね。基板むずかしい。

2020年8月9日日曜日

春から夏にかけてのゲーム

 コロナ渦ですっかり腰を据えてゲームする余裕がなくなってしまいPS4やXboxの起動時間が激減。PS4のトロフィー履歴みたら4/6に奇々怪々やって以来、次は8/2のSkyrim VRですね。Xboxなんかもう、子どもたちがMinecraftやってるくらいか。一方で、まったりRPGとかVRで細々と……って感じでswitchやOculus Questが良く動いてたかも。

ドラゴンクエスト10

なんかもう、この辺りから良くやってた。結局Ver 2.xxまでクリア。勇者姫さま大好き。 もう、なんか、本当に酷いw オンライン勉強会に参加しつつ遊んでたりとか。 落書きまで始める始末でございました。 あと、しばらくやめるって言ったのに、セール始まったらVer 5までセットのやつ買ってしまった。でもまぁ、課金は再開しない。

 Skyrim VR

まったり酔わない程度に遊んでるやつ。ようやくドラゴンボーン(ざわっ)ってとこまで辿り着いた。遊びだしのシーンでドラゴンから逃げ回ったときは本当にガチ酔いしたもんだけど、今度の戦闘はちょい気持ち悪い……うぷっ……って程度で済んだ。なんかこうVRでRPGの世界を歩くことを体験しちゃうと、酔うってわかっててもドラクエとかゼルダの世界をこの目で一望してみたいなぁ……という気持ちは出てくる。

零の軌跡:改

今からやっても新作までに終わらないだろうけど、なんか新作は旧作一通りさらってないとキャラがわからなくなりそうなのではじめて見た。今までやってるのは空の軌跡FC/SC、閃の軌跡I/IIだけ。零と碧がセールになってたのでまとめて購入。その後、閃の軌跡III/IVの大幅値下げ&アップデートが発表されたのでファルコムの誘導に載って頑張って旧作を追いかけてる感じ。

システムは空の延長なのね。PSPでやってるので随分と懐かしい印象だけど、画面は凄く綺麗になってる。メイン追うだけなら30時間くらいって話なので、高速モード使えばもっと短時間で追えるかな?

Shooty Skies Overdrive

なんかVRでshmupsをどうやって作ったら良いのかの1つの解。スマホの操作感っていうステップがあったから辿り着いた答えな気がする。3次元なのに普通に緻密な弾除けを要求してきて、かつストレスなく遊べるのは凄い。
ステージ構成や敵キャラも日本を中心としたアーケードの歴史をリスペクトしてる感じが出ていて良い。酔い対策で固定画面になってるんだけど、スクロールありなゲームも体験してみたいな。

Shadow Point

影絵を使ったパズルを解きながらステージ制でシナリオが進んでいくゲーム。時空が捻れた世界の描写が多いので、時々酔ってた。とりあえず通常シナリオはクリアしてムーンも全部集めたけど、ムーンで入れる裏ステージ?はやってない。井戸を覗き込むアクションに気づかなくて一度だけネットで調べちゃった。英語の語彙力増やしたいんで英語音声・英語字幕で遊んでたけど、説明や話がわからなすぎて詰むって事はなかった。

Virtual Virtual Reality

クエストベースのミニゲーム集だと思ってずっと遊んでたんだけど、なんか下手すぎて詰んだかなーって思って調べたらシナリオに沿って順当に進んだ結果だったみたいで。色々操作しながら糸口をみつけていくパズルゲームですね。こっちも一度調べてシナリオあることに気づいたら、後はなんとか最後までいけた。同じく英語。これは会話のノリ的に英語でわかる人は英語でやった方が笑えるかも。

Moss

アクションゲームなんだけど固定ステージ間になってて、画面端の特定ポイントまで行けば別シーンに移動って方式なので酔わない。シルバニアファミリー(語彙力)みたいな箱庭が目前に広がってて、ネズミ?を操作しつつ自分は神の奇跡を使って世界に少しだけ干渉。基本はアクションなんだけど奇跡で通路を作ってく作業とかはやっぱりパズル。VRゲームはパズルものが多いのかなぁ。グラフィックはとにかく綺麗で質感も人形っぽくてかわいい。やっぱり英語でやってたけど、会話とかストーリーは気にしなくても遊べるやつ。終盤の大蛇?との戦いは即死→リプレイのサイクルで少しずつ進めてく感じ。雑と言えば雑な作り込みなんだけど、遊んでみると結構熱くて楽しいのはVRの良いところ。

2020年6月30日火曜日

AVR JTAG ICE

AVRに関してはIDEやデバッガを使った開発はしてこなかったし、世間的にもあまり普及してる気はしないんだけど、最近だと1万円も出してATMEL-ICE-BASICとか買うのが正解なのかな?ARMはどこも統合開発環境が整備されてるんで、ARMのラインも含めるとこういうのないと戦えないってのはわかりみだけど、AVRのサポートも継続してるのは素直に喜ぶべきか。

手軽にデバッガ試すなら太古のJTAG ICE互換のデバイスが数百円程度で売ってたりはするのだけど、対応してるのはAVR Studio 4.18まで、かな?古いデバイスしか使えなかったりはするけど、まぁ使えなくはないので試してみた。

JTAG ICE互換デバイス自体はシリアルポートとしてアクセスされるだけ。自分が入手したのはCH340使ってたので、それ系のドライバを入れる必要はあった。

Windows 10だと色々と問題があって大変なんだけど、Windows 7とかなら(サポート切れててアレだけど)WinAVR-20100110との組み合わせで苦労なく動く。Windows 10の場合は32-bitと64-bitで起きる問題が違ったかも。32-bitだとDocuments以下にプロジェクト作ろうとしてもセキュリティ機能にブロックされてディレクトリ作成に失敗したりファイル作成に失敗したり。自分の場合、この問題は64-bit環境では起きなかった。

一方で共通で起こった問題としては、まずはインストーラが起動しない問題。これはシステムのセキュリティ機能にブロックされての事。ダウンロードされた実行ファイルにつく例のフラグを属性変更で落としてあげても起動できない。4.19だと属性落とせば起動するので謎だけど、何かブロックリストに入る理由があるんだろうか。これに関しては管理者権限で動いてるcmd.exeから実行する事で回避できた。AVR Studioに限ったことではないので、この最終手段は覚えておいて損はないかも。

インストール後の問題としてはWinAVR内に含まれるmsys環境のコマンドの大半が起動しないこと。これによりビルド開始後にだんまりとか、makeが動かない、depsが作られない、などなど変な問題が沢山発生した。これはWinAVR-20100110\utils\binをMinGW最新のmsysで置き換える事で一通り問題なく動くようになった気がする。これはセキュリティが関連してるのか、メモリ配置ができなくて怒られてるのか微妙。forkでこけるやつもいたし。mingw-get-setup.exeからmsys-base-binだけインストールして、msys\1.0\binをutils\binと置き換えてやればOK。

WinAVRの代わりにいっそのことと新しいのgcc使ってみたりもしたけど、デバッグ開始と同時にIDEが落ちた。たぶんデバッグ情報とかのフォーマット違いに対応できずに死んでる気がするので、こっちは諦め。