9999年12月31日金曜日

当ブログにおける注意点

全般的な注意点


本ブログは個人の意見を発信する場となっています。ここで記述された情報、意見は所属する組織とは一切関係ありません。

また、記述された情報を利用する事で発生した問題についても当方では一切責任は負えません。自己責任でお願いします。


電子工作・アーケード基板系の記事について


趣味で書いてる記事のため、わりと軽い感じで書いてたりはしますが、当方一応は電子工学学士、情報理工学修士です。元LSIの論理設計者でもあり、現役のソフトウェアエンジニアでもあります。適当にやってるようで実は難しい・あるいは危険を伴う事もあるので、専門的な知識、記事の理解なしに見よう見真似で試すのはやめて下さい。ソフトと違って不可逆な失敗のリスクはいたるところに転がっています。最悪、命を脅かすような事故にも繋がりますのでご留意下さい。

特にアーケード基板ですが、国内でもそれなりに情報が出回るようになった事で素人知識で修理して基板を壊す人が増えてるんじゃないかと危惧しています。ヤフオクでも普通に修理すれば直ったんじゃないかって基板がボロボロになって出品されてるのを見て少し心を痛めてます。どうやったらこんな壊れ方するんだよ……。


ソフトウェア系の記事について


ソフトウェアに関しても低レイヤーの情報は一歩操作を誤るとデバイスの文鎮化、データの消失など重大な被害に繋がります。こちらも十分な知識なく、記事を鵜呑みにして実行するのはやめて下さい。


際どい技術情報について


特にメーカー保証の終了した基板の修理などは、修理・調査の過程で本来開示されていなかった技術情報、あるいは守秘義務によって守られるべき技術情報を偶発的に知ることが多々あります。調べた事は可能な限り共有しあう文化で育ってきたため、自分で調べた事は積極的に発信しています。その際、関係各所には配慮するなり、不利益がないよう考えてはいますが、所詮こちらの立場しか見えておらず、権利者からみたら不都合があるかもしれません。その際には連絡頂ければ直ちに双方にとって良い状況になるよう対処したいと考えています。よろしくお願いします。

2018年7月16日月曜日

続・チッタのアケコンを作るのだ

チッタのアケコン、ようやく電気的な配線も終わらせて完成しました。


予定通り、D-Sub 2列15ピンで配線してあります。シグマ(NEOGEO拡張)互換の予定でいたが、連射装置の高橋くんをシンクロ連射に対応したため、シンクロ用に同期信号を通す必要が出てきました。そんなわけでシグマではP0となっていた(NEOGEOでは未使用の)9番ピンにCSYNCを通してます。

内部の配線はメンテを考えてファストン端子で配線してみました。今回はじめての利用。サイズの合う端子をまったり集めてたんですが、今回の制作に間に合ったので実験的に使ってみた次第。わりと良い感じ。


ボタン側はファストン端子はAliExpressで見つけたやつ。2.8mmのカバー付き50セットで送料込みで352円。


スティック側の端子は一回り大きく、マルツで購入したLTO-41T-187Nを使ってます。


配線に使った線材は、ケース外でごちゃっとしないように多芯ケーブルを使ってます。16芯で外径8mmなので、D-Subのケースにも入る大きさ。あんまり線材売ってる店はしらなくてオンラインで色々調べてたら電線ストアと九州電気が目についた。電線ストアだと細い多芯ケーブルは100m単位になっちゃって、単価は安くても最低ロットで5桁円になっちゃうのでパス。よくよく見たら九州電気のほうは秋葉に店舗があったので、こっちで購入してきました。4mで1,080円です。お店のページみて「こんな看板あったっけ?」って思ったんだけど、いつも電気街出て最初の横断歩道のところのケーブルぶら下がってるお馴染みの店でした……ありゃー、今まで何十回と通ってきたのに看板が記憶になかった。D-Subの端子とケースは秋月でお馴染みのやつです。

前回作ったJAMMAのブリッジを経由してゼビウス 3D/Gと豪血寺の闘婚をやってみましたがまずまず。格ゲーやってるとスティックのボールが外れてきてしまうんだけど、これはどうやって固くしめるべきなんだろ。あんまり固くしすぎて交換時に外れないのも嫌なんだけど。

2018年7月14日土曜日

7月上旬のゲーム:逆鱗弾

予告どおり逆鱗弾。このゲーム、タイトーメモリーズに入ってたのでPS2で少し遊んではいたんだけど。音楽めちゃくちゃ良くて好みなのに遅延ひどくて遊べねーって。廉価版で後から出荷されたメモリーズは多少改善されてるらしいので、そっちも買おうかなぁ、どうしようかなぁ……と思っているうちに基板を8k円ほどで入手できたので。格付けランクも3なので気軽にできるかな、と。

このゲーム、タイムスリップを繰り返しつつなんとなく過去のシューティングのオマージュな感じで進行してくんですよね。1942年に行くと敵が1942っぽい旋回してくる、とか。あとBGMの主題が同じでステージ毎にアレンジだけ変えてるという、もしかしたら低予算だっただけかもしれないけど、それがまた特徴でもあり好きなところ。4面とかYMOっぽさがポンコツ未来な感じでまた。キャラも東亜っぽくツッコミどころ満載なんだけど、おさげキャラとか「さよりなパラレル」っぽくて好き。

で、練習開始時には適当にプレイして3面か4面までって感じからスタート。2面の道中とボスで慣れないとボムが必要な感じ。3ボスも最終形態でボム?ってくらいボム使ってたので、わりとミスも混ざって安定せず、ランダムに残機を消費してかろうじて4面までたどり着ける感じでした。
こんな感じですね。この時点では5面とかクリアできる気がしなくて、ほんとにこれ簡単なの?とか疑ってました。

ちなみに画面はmac上でEasyCapViewerで表示したのをOBSのウィンドウキャプチャをソースにして90度回転ってので縦画面で録画できました。最近は一応練習は録画して何かあったら見返すようにしてたり。

で、YouTubeで動画探してたら、2Pから入ると火力が高い、Type-Cが最強って情報があったので試しに使ってみたら
一気にクリアが近づいた。見通し立たなかった5面も、強火でガンガン突き進めば押されることもなく安全に進めそう。むしろ他のステージより楽なくらい。
あっさりノーミスで最終面まで行けるようになってた。途中ボムが必要な箇所が残っているので、どうしても残機が潰れてしまい、最終的にはギリギリでクリアできました。もう少しやりこんでも良かったのかもしれないけど、積みゲー大杉なのでそそくさと次へ。

しばらくMC68000なハードばかりやっていたので、次はMIPSでいこうかなー、と。


ゼビウス 3D/Gを考えてます。格付けWikiにランクが載ってないので自分にクリアできる難易度なのかわからないんだけど。とりあえず久々にやったら3面で終了。コンティニューして通してみたけど……どうかなぁ、ランクが大幅に変化するゲームらしいので読みきれないところはありますね。まぁ、無理なら途中でチェンジ。


この基板、ステレオ対応したいけど手元の環境だとスピーカーレベルで2chってのが手間なんですよね。まぁ、次のコントロールボックス作る時に考えるって事で。世間的な評価はぱっとしないけど、個人的には好きなゲームなんだけどなー。特に音楽は最高。

2018年7月12日木曜日

チッタのアケコンを作るのだ

こんな感じで……

なんとなく新しいコントローラを作り始めてるわけですが、さて我が家の既存アーケード環境にどう繋げたものかな、と思案中。USBのコントローラならさっくり繋がるんですけどね、普通の環境と違って。でもせっかくだから信号直結させたい。そうなると今使ってる基板用コントローラみたいにJAMMAのブリッジを作ることになっちゃう。それも悪くはないんだけど、あの大きいコネクタをぶらーんとぶら下げてると、やっぱり重いし線が切れやすい(切実)。あと、高清解霸の新しいバージョン、数字高清解霸っていうCGA信号をHDMIにアップスキャンしてくれるボードが3,500円ほどで売ってたので、入手して新たにコントロールボックスを作り直したいなぁ……とか。

とりあえず基板が増えてきた現状、ボックスに求めてる仕様は
  • 1P/2Pのコントローラはそれぞれ外部から接続、交換可能に
  • 連射やボタンの配置換えは拙作の高橋くんを外付けする事で対応
  • R/G/B/CSYNCそれぞれにボリュームを付ける(CSYNCは彩京とDATAEAST対策)
  • JAMMAのスピーカー信号はLINEレベルに落として外へ出す
  • スピーカー信号をもう1系統外部から入力してLINEレベルに落として外へ出せるようにする(namcoステレオ基板対策)
  • TAITO F2対策(大マザー音声用-5Vと特殊なSYNCに対応できるよう調整)
  • 基板との接続はJAMMAハーネス(中華な6ボタン拡張仕様)とCPS2用キックハーネス
こんな感じ。今回、真面目にステンレス加工してケース作ろうかなぁ……と思っているので、ゆっくりボチボチ弱火で進める方向で。いや、やっぱり2歳の娘と遊んでると適当な作りだとすぐ断線しちゃうんですね(汗

で、とりあえずコントローラ周りを今の環境とやりくりしながら進めようと思いまして。ひとまずボックスとコントローラのインタフェース、これをNEOGEO互換というか、シグマ電子の旧タイプですね。NEOGEOで未使用だった配線を使って6ボタンに拡張したもの。これを流用しようと思います。シグマの現行タイプは端子の入手性が悪かったりするし、NEOGEOのコントローラがそのまま使えるのはメリットかなって。

仕様としてはD-Sub 2列15ピンで配線は以下のとおりです。

1GND
2ボタン6
3コイン
4ボタン4
5ボタン2
6
7
85V
9未使用
10ボタン5
11スタート
12ボタン3
13ボタン1
14
15

で、ここまで決めておいて、まずはこのインタフェースを取り出すJAMMAブリッジを作成する事にしました。普段は手でショートさせて済ませてるテストボタン付き(笑)。


以前コントローラ作った時は1P側用と2P側用の2種類のJAMMAコネクタが出ていて無駄に重たかったため、今回はちょっと工夫してます。魔法大作戦のインタビューの中で、堀井社長が雷電で遊んだというエピソードがヒント(笑)。

スタートとコイン以外は1Pと2P両方の信号に繋げています。コインは1P側にだけ接続。クレジット設定は普通はシェアになってると思うのでこれで問題ないはず。スタートに関してはスイッチを通して1Pと2Pどちらかに接続されるようになってます。一人で遊ぶ分にはスタートボタンさえ切り替えられれば好きな方から入れるし、いざとなったら両方のスタートを交互に押して、堀井社長が遊んだという同期ダブルプレイもできる(笑)。

これでNEOGEOコントローラや自前の互換コントローラをひとまず現行環境で使えるようになりました。

ちなみに作成中のコントローラですが、外箱はAliExpressで見つけた2,000円ほどのモノです。そこに自作の天板と千石で買ったボタン類を合わせて作ってます。ボタン類は三和を使うことが多いんですが、今回はお試しでセイミツ製で揃えてみました。全体的にチッタ色で揃ったのが嬉しい。


こんな感じで作ったものを印刷して切り出し。最初はプラ板を同様にカットして上に載せて固定してたんですが、やっぱり横から汗が入って駄目だよなーって事で、最終的にはラミネート加工した物をカッターで切り出してます。


この半透明のボタン、三和製も同様ですが、ボタンを外して中に絵を入れることができます。最初の写真は処理前でしたが、最終的にはボタン用に切り抜いた部分をさらに一回りカットしてボタンの中に収めました。

2018年7月4日水曜日

5月と6月のゲームまとめ

前回の4月(28日)までのまとめの続き。

沙羅曼蛇2


せっかく修理したので5月前半にリハビリして1周した。これは当時ゲーセンでも1周できてたんだけど、ラスボスで苦戦した。本当は2周目も頑張って一通りのBGMを聴きたいところだけど、なかなか難易度高い。


ツインビーヤッホー!


あと前回ワンコイン5面まで到達してたツインビーヤッホー!その後ワンコイン到達まで2ヶ月かかりました。死ななくなると後半のランクもどんどん上がるので、進んではランク上昇に慣れるまで苦しむ。あと慣れるとベルで573ボーナス稼ぎ始めて更にランクがあがるという……。特に5ボスとかバリアとかミカエルつけてると開幕から5 way撃ってきて確実に剥がされる。6面もザコビーのばら撒きが酷い……。
こんな感じでコンティニューしてると6面はかなり楽。
ポカミスってよりはザコビーのばら撒きが無理ゲーだった。この辺からキャプチャしながら練習してるのでスクリーンショットもある。
黒い子とその手前、スピードないとかなりきついし、未だ安定したパターン作れてない。
けど、クリアできたのでもうゴールする。
沙羅曼蛇2もヤッホー!も、ほどほどの難易度で20分程度でクリアできるの、個人的には嬉しいバランスでした。

次のやりこみ候補


68000以外のハードも動かしたい気もするけどもう少し継続。次はF3で逆鱗弾かなー、と。F3はダラ外と逆鱗弾を入手して満足状態です。


2018年6月25日月曜日

TAITO G-Net 麻雀配列

G-Netで麻雀っていうと麻雀王と兎くらいしかタイトル無いと思うんだけど、驚くほどオンラインにハーネス情報がないためか、兎が500円で大量に売りに出ているも誰も買わない。あるいはG-Netマザーの初期動作確認用に入手するくらい。

そんなわけで、ちょっくら兎の配線を調べてみたのでその情報共有。麻雀王もたぶん同じじゃないかなーとは思うけど、保証はできませんので悪しからず。

まず前提として、麻雀コネクタ、あるいは他のI/Oから麻雀に変換する場合、基本は4出力6入力のマトリクスで24種類(実際に使われているのは20種類)の入力を表現します。それぞれの入出力マトリクスの交点にスイッチを配置するだけ。デジタル回路的に理解するなら、出力は基本HIGHになっていて、4つのうち多くて1つが時分割でLOWに、そのLOWになっていた出力ピンに応じて6入力の解釈が変わるので、対応する信号をLOWにして送ってあげれば良い。

で、G-Netの場合は3P/4P用の拡張コネクタを流用しているようです。出力に使う4ピンは本来コインカウンター、コインロックアウトに使われている1番2番ピン。出力にとれるのがこれら2本しかないので、3Pと4Pを併用して4出力を確保します。入力は4P側の1レバー2ボタンを使います。コインはそのままJAMMAの1P/2P用コインが効いてるようです。

3P-1 3P-2 4P-1 4P-2
ABCD4P-5
EFGH4P-6
IJKL4P-7
MNチーポン4P-8
カンリーチロン4P-9
スタート4P-10

もし、麻雀コネクタに変換したいなら、以下のように対応させれば動作するはず。

G-Net3P-13P-24P-14P-24P-54P-64P-74P-84P-94P-10
麻雀コネクタA1B2MNPRST

自分はこんな感じで変換コネクタ作りました。入力だけ麻雀コネクタからとって、電源やら画面、コイン入力はJAMMAから。



麻雀コネクタの詳細はアーケードハーネス配線データベースさんの麻雀の項に詳しい情報がありますので、知らなかった人はそちらも参照の事。

2018年6月19日火曜日

赤が出ない基板

簡単だったやつも。

RGBで赤が出ないっていう基板。


目視だけで原因判明。TR2が取れてなくなってる。出口付近にトランジスタが3回路並んでたらほぼ間違いなくRGBの増幅回路。

表面実装の型番についてはMARKING CODE @wkiで調べるとLYが2SC2712 Grade Yだとわかる。幸い秋月でも扱ってるNPNの定番汎用トランジスタだったのでサクッとハンダ付けして修理完了。材料費5円。


写真もハンダも下手だけど完成図、そして記念撮影。