9999年12月31日金曜日

当ブログにおける注意点

全般的な注意点


本ブログは個人の意見を発信する場となっています。ここで記述された情報、意見は所属する組織とは一切関係ありません。

また、記述された情報を利用する事で発生した問題についても当方では一切責任は負えません。自己責任でお願いします。


電子工作・アーケード基板系の記事について


趣味で書いてる記事のため、わりと軽い感じで書いてたりはしますが、当方一応は電子工学学士、情報理工学修士です。元LSIの論理設計者でもあり、現役のソフトウェアエンジニアでもあります。適当にやってるようで実は難しい・あるいは危険を伴う事もあるので、専門的な知識、記事の理解なしに見よう見真似で試すのはやめて下さい。ソフトと違って不可逆な失敗のリスクはいたるところに転がっています。最悪、命を脅かすような事故にも繋がりますのでご留意下さい。

特にアーケード基板ですが、国内でもそれなりに情報が出回るようになった事で素人知識で修理して基板を壊す人が増えてるんじゃないかと危惧しています。ヤフオクでも普通に修理すれば直ったんじゃないかって基板がボロボロになって出品されてるのを見て少し心を痛めてます。どうやったらこんな壊れ方するんだよ……。


ソフトウェア系の記事について


ソフトウェアに関しても低レイヤーの情報は一歩操作を誤るとデバイスの文鎮化、データの消失など重大な被害に繋がります。こちらも十分な知識なく、記事を鵜呑みにして実行するのはやめて下さい。


際どい技術情報について


特にメーカー保証の終了した基板の修理などは、修理・調査の過程で本来開示されていなかった技術情報、あるいは守秘義務によって守られるべき技術情報を偶発的に知ることが多々あります。調べた事は可能な限り共有しあう文化で育ってきたため、自分で調べた事は積極的に発信しています。その際、関係各所には配慮するなり、不利益がないよう考えてはいますが、所詮こちらの立場しか見えておらず、権利者からみたら不都合があるかもしれません。その際には連絡頂ければ直ちに双方にとって良い状況になるよう対処したいと考えています。よろしくお願いします。

2019年6月16日日曜日

ラジルギスワッグ(SW)

出たら買おうと思ってたんだけど、気づいたら発売日過ぎてた。他の人のツイートみて気づいてゲット、一先ずクリアまで。



視点が今までみたいな真上じゃなくて斜め上のレイストームタイプになってたけど、レイストームみたいな避けにくさはなかった。最初は普通に遊んでて3面で躓いてて。しばらくしたら3面スタートするアイテムが貰えたので3面やってたら4面行ける事も出てきて。そうこうしてたら5面行った事ないのに4面スタートと5面スタートのアイテムが貰えたので5面で遊んでみる事に。で、普通に遊べるレベルじゃないのでアブソネット入れっぱなしにしたりスピードアップ取ったり試行錯誤してるうちに遊び方見えてきた。スピード全開にしてるとアブソネットゲージの回復も早いので、あとはひたすら速と充を集めながらアブソネット展開して無敵時間に特攻&チャージ。後半面のほうが敵が多いからチェーン繋げやすい。だからいきなり未達の後半面まで開放するとかいう思い切ったデザインになってるのかー。

最初は5面スタートでクリア。徐々にスタート位置を手前にしていくっていう通常の攻略とは逆パターン。繋げるのに慣れてきたら1面で速を2つ取ったら、あとは最後までずっとチェーンで俺のターン。って感じで普通にクリアして1.3億点くらい。ランキングで100位前後ですが、遊んでる人多いみたいでグングン下がる(笑)ちなみに、タイムラインで見た方々は2億点のラインで楽しんでるようで……5位圏内の戦いでした。しばらくやってクリアは安定したけどスコアは最初が1番良くて以降は1.3億届かないくらい。まぁ、普段から稼がない・稼げない人なので、この辺で。


そう言えば上達したプレイヤーほど進行を速くさせてインカムを……みたいな試みは疾風とか、まもるクンとか、あまりうまくいった話を聞きませんが、こやつ家庭用の癖にうまくまとまってるような。あと1プレイ10〜15分ってのは楽しみやすくて好き。

2019年6月7日金曜日

カラドリウス(PS3 / PS4 / AC)

たぶん昔にPS Plusでフリープレイ対象だったのをダウンロードしたんだと思うんだけど、PS3とPS4両方にインストールされてまして。ランク格付けだと0とかなってるけど、いくら水の防御ESつけててもそれはない。普通に7くらいあると思う。ALL.Net P-ras MULTIに入ってるおかげで今でもわりと多くのゲーセンで遊べます。脱衣シューティングってのがアレだけど、ゲーム自体は面白いし特にボス戦はテンポが良く、形態変化に合わせて攻撃方法を選んでいくのが楽しいです。


3年くらい前からやってるんですが、久々にオリジナルモードをやってみたらするっとラスボス倒せまして……と思ってたら、コンティニューせずに倒した時だけ6面に進むんですね。

6面道中は近くから自機狙い撃たれまくりでヒヤヒヤ。特に難しいとかではないけどR-TYPEの最終面みたいに神経をすり減らされる。で真ボスと初対面なわけですが、さすがに勝てなかった。


けど、だいぶ惜しかったので、もう1プレイ。今度はもう少し余裕を持って6面に入れ、そのまま無事にクリア。


わーい。これで今年9本目です。ここのところ調子が良い!


そう言えばランキングの入力、昔は「T.T」を使ってたんだけど、これ始めたころに「TAK」を使うようになって……でも最近ちゃんたけ大先生が「TAK」と入力してるのを目撃してから、恐れ多くなって「T.T」に戻しました……が、このゲームではとりあえず「TAK」に統一。

今回はまさかクリアまで行くとは思ってなかったから録画してなかったー。アーケードモードとかボスラッシュモードはまだ続けるつもりなので、どっかのタイミングで攻略法を忘れないうちに録画できたら、と。

(2019.06.18追記) 近所のゲーセンでAC版のアーケードモードをクリアしました。

2019年6月1日土曜日

疾風魔法大作戦(SS / AC)

とりあえず日和ってクリア優先で1周しました。



もちろんチッタでプレイ。ずっと右側のステージを選び、最後は一番右のCを選択。他のコースはあまりやってないけど、たぶん一番簡単なコース。レースで1位になると「魔法娘はおとしごろ」を経て2周目。この展開から2周目入るとコースは選択無しで左側ってのは確認したけど、これは1周目選ばなかったコースになるのか、常に左なのかは未調査。レース2位でもチッタに「こんどはあなたと1位とりたいな♥」と言われるので満足度高い。

クリア優先だと前作よりはだいぶ簡単な気がする。右コースを取る限りは特訓が必要になる類の道中やボスは存在しないし、1周15分くらいだから気軽に楽しめ練習も捗る。ただ各面ノーミスでクリアできるようになるまではすぐなんだけど、レース要素のせいでなかなか安定はしない。それでも某格付けサイトのランクで言えば、たぶん1桁後半くらいの難易度じゃないかなぁ……実際には14とかついてるけど。もちろん他のコースや2周目入りを考えるとぐっと難しい。



あ、基板の修理はまだ完了していません。M2が移植するまでには直すぞー。

2019/06/04追記:サターン版の隠しモードでレース要素を落とした「シューティングモード」なるものがあるらしいので試してみました。ちなみに公式サイトでは「オプションのサウンドにカーソルを合わせて「上上下下左右左右BA」と入力することで、項目が増える。 」とありますが、実際には「オプションで上上下下左右左右と入力した後、サウンドにカーソルを合わせてスタートボタン」かな?
いざ遊んでみると、やっぱりバランスとかレベルデザインはレースモードでとられてるんだなぁ、という当たり前の感想。レース要素が消えた事で緊張感が足りなかったり、空白地帯ができちゃったり。左コースはそれでも難しいですが。クリアできるようになったコースだと物足りない感じはしますね。
あと、このモードはクリアさえすればレース1位と同じ扱いなので、へっぽこプレイでも2周目に入れる。ので、左コースを選ぶとどうなるかの確認ができました。2周目は1周目で選択してないコースに自動的に進むんですね。となると1周目は左を選ぶのが2周クリアへの最短の道か……。

2019年5月29日水曜日

LIFE FORCE(SS / PSP)

大阪にでかけている間に少し遊んでクリアできるようになったので、PSPの録画環境のテストも兼ねて記録を残してみました。

前回の沙羅曼蛇は敢えて処理落ち制御を外して1周13分ほど。今回のPSP版はM2のエミュレーションベースなのでアーケードと同程度かと思いますが、18分くらいで1周しました。

しかし沙羅曼蛇、名作とは言え、どっちのバージョンもお茶目なバグが多め。でも、そういう細かいとこは無視して〜と言えるくらい惹きつける何かがあるのかな。個人的には音楽もそうだけど効果音がね。レーザーやミサイルの音はやっぱり凄い。



沙羅曼蛇ポータブル、まだアーカイブスでダウンロード販売ありますので。PSP/VITA/PS3でしか動かないので現行ハード向けじゃないですが。そっちはアケアカで。でもXEXEXやスムーズスクロール版GRADIUS 2が遊べるのは沙羅曼蛇ポータブルだけ!M2のねじ込み力!

2019年5月21日火曜日

沙羅曼蛇(X68k / SS / PSP / Xbox One X / AC)

例によって表題の中の括弧内に書かれてるのはボク個人が遊んだ環境。名作すぎてあちこちに移植が出てるから、今までのゲームよりプラットフォーム数が圧倒的に多い。

沙羅曼蛇は子供の頃にX68kで散々遊んでたんだけど。なにぶんredzone使いだったのでサウンドドライバには自分でパッチ当てて24MHzで遊んでおりました。なんかOh!Xとかに「10Mショック」みたいな事が書いてあったので、処理落ちはX68k版の問題なのかなー、と思って。たぶんめちゃくちゃ難しい設定で遊んでたんだと思います(笑)

んで、大人になってアーケード版やってみるとこっちも結構な処理落ち。そんなわけでアニバーサリーコレクションにも収録されてて再び火がついたので、ミカドの動画を参考にしつつ(最近知り合ったKRGさんが出てて「おぉ?!」ってなった)1周だけ攻略してみました。録画するにあたりなぜかサターンでプレイ。せっかくなので処理落ち制御をオフにして遊んでます。たぶん当時のX68k版に近い状況なんじゃなかろうか。一番美しい思い出に近い形でのプレイです。

動画の方にも書いたんだけど、モニタの都合でワイドモードにした方が本来の縦横比に近かったのでワイドで遊ぼうと思ったんだけど、どうもスコアの位置がずれる。4面の隕石避けるのに1Pスコアと"HI"の間では爆死するようです。


この爆死前の絵面からわかる通り、1の位と10の位の間くらいがワイドモードの安置っぽい。別のこと覚えるのも紛らわしいので結局ノーマルでプレイしました。

あと、よくわからないけど3面の不死鳥って高解像度化されてるのかな?アーケードもっとカクカクな感じで拡大されてると思うんだけど。でも、1面の細胞は明らかに荒いままなので気のせいかも。



これで今年6本。なんとか月1ペースを挽回です。

2019年5月18日土曜日

シスターズロワイヤル(switch)

発売と同時に買って、熱出して寝込んでる時にやりこんでEASYはすぐクリアできたんだけど、NORMALはラスボスでしばらく止まってて。気づけば1年近く経っていたわけですが。ラスボス止まりのシューティングが増えてきたので、再び集中してクリアしてみました。



アルファ・システムさんによる式神IIIから12年ぶりの新作STGって事で、基本的には式神の城シリーズのシステムを踏襲してるそうです。「そうです」というのは、式神は積んだまま、まだやり込めてないから。

順当にいけばラーレを選ぶところなんだけど、なんかソナイがめちゃくちゃ強いと気づいてしまって……しかたなく年増キャラを使っております。

家庭用らしく遊びやすく調整されてますね。3ダメージ制でボムのストックも3から始まって最大5個。ダメージ受けるとボムストックが1つだけ増えるようになっているため、抱え落ちをそこまで気にする必要がない。満タンで死ぬともったいないかなぁ……って程度。あとは稼ぎでダメージとボムが回復していく仕様で。そこそこ稼いで進めば毎ステージ1つ回復する感じ。1ダメージで1ボム増えることを考えると、うまく調整すればステージあたり実質3ミス相当が帳消しできます。回復するタイミングもわかるので、回復前にボム減ってるなーと思ったら敢えてミスしてボム回収、すぐにゲージ溜まってダメージとボムも再回収、とか。常時、危なくなったらボムを使うかミスを選ぶかを考えておくだけで、だいぶ有利に進められます。そんなわけで前半でポカミスしても軽々と挽回、終盤で連続ミスしなければ、わりと順当にクリアできるのではないでしょうか。

もうね、最近はクイックセーブ付きのアーケード移植ばかりやってるから。こういった最初から通しでプレイしないと後半の練習ができないゲームは、このくらい遊びやすいバランスになってないとなかなかクリアできません(汗