9999年12月31日金曜日

当ブログにおける注意点

全般的な注意点

Basically, all articles are written in Japanese, but please feel free to ask me to translate or explain it via Twitter, etc. At GitHub, I'm using English usually.

本ブログは個人の意見を発信する場となっています。ここで記述された情報、意見は所属する組織とは一切関係ありません。

また、記述された情報を利用する事で発生した問題についても当方では一切責任は負えません。自己責任でお願いします。

コメントの見落としが多いというか、ほとんどチェックしてなかったので、何かあればTwitter等のソーシャルメディアで突いてもらえれば捕まるかと思います。

電子工作・アーケード基板系の記事について


趣味で書いてる記事のため、わりと軽い感じで書いてたりはしますが、当方一応は電子工学学士、情報理工学修士です。元LSIの論理設計者でもあり、現役のソフトウェアエンジニアでもあります。適当にやってるようで実は難しい・あるいは危険を伴う事もあるので、専門的な知識、記事の理解なしに見よう見真似で試すのはやめて下さい。ソフトと違って不可逆な失敗のリスクはいたるところに転がっています。最悪、命を脅かすような事故にも繋がりますのでご留意下さい。不明な点はTwitter等で気軽に話しかけてもらえればアドバイスできる事もあるかもしれません。


ソフトウェア系の記事について


ソフトウェアに関しても低レイヤーの情報は一歩操作を誤るとデバイスの文鎮化、データの消失など重大な被害に繋がります。こちらも十分な知識なく、記事を鵜呑みにして実行するのはやめて下さい。


際どい技術情報について


特にメーカー保証の終了した基板の修理などは、修理・調査の過程で本来開示されていなかった技術情報、あるいは守秘義務によって守られるべき技術情報を偶発的に知ることが多々あります。調べた事は可能な限り共有しあう文化で育ってきたため、自分で調べた事は積極的に発信しています。その際、関係各所には配慮するなり、不利益がないよう考えてはいますが、所詮こちらの立場しか見えておらず、権利者からみたら不都合があるかもしれません。その際には連絡頂ければ直ちに双方にとって良い状況になるよう対処したいと考えています。よろしくお願いします。権利を持たない方からの警告等は対応いたしかねますが、個人的に妥当と思える場合には対処します。例えば権利は昔在籍した会社が所有するが、実際にその製品に関わっていた、といった人からの連絡などは間違いなく配慮します。

2020年5月23日土曜日

Thunder Force AC

待ちに待ったSEGA AGES版がついに発売。期待を裏切らない魔改造の数々なわけですが、その中でも個人的に気になったのはステレオ化。インタビュー記事によると元データがステレオだったと書いてあるので少し調査。

FM音源に書き込んでるあたりを眺めていけば簡単に追えそう。ドライバはタイマーA/B両方使ってIRQ2のハンドラで動いてます。ワークエリアは$FFFF_9036から始まって108バイトづつ8チャンネル分。この各チャンネルのワークの中のオフセット+$42の位置に音色としての出力チャンネル、AMS、FMSのデータが書かれていて、実際にレジスタに書く時にはLFOの状態などを見てマスクされた値が使われる。で、チャンネル部分はここに用意される時点で既にモノラル化されているので、ここに書き込むところをいじってやる必要がある。該当するのは$0006_145F付近のコードで、パンに応じてテーブルを見てレジスタの値を作ってる。このテーブルが全チャンネルでセンターの値になってるので、それをセンター(0)、右(正)、左(負)と振り直せば良い。具体的には$0006_146Aからの3バイトを$C0,$C0,$C0から$C0,$40,$80に変更するだけで大丈夫。

実際に再生させるためには当然ながら基板の改造や、エミュレータの修正が必要なので注意。

しかし、こういうのは存在がわかってれば見つけるの簡単だけど、あるかどうかわからない状態で探し出してくるエムツーのスタッフには感謝しかない。

2020年5月3日日曜日

3月〜4月に遊んだゲーム

ついにダラ外のZ'コースをクリア。サターン版の頃から散々やってたし、当時は渋谷会館の大画面で遊んでたりもしたんだけど……気づけば四半世紀近くかかってましたよ。



1コースクリアするのに何年もかけてたら他のコースクリアとか一生できないなーって思ってたんだけど。なんだかんだでZ'をクリアできるようになっちゃえば他のコースは数回練習するだけでクリアできちゃうみたい。

それ以外ではケツイとエスプレイドをやってるけど、大きく記録更新できたりはしてない。フィーバロンで少しだけスコアが伸びたかな。クリアは遠いけど。

それと、まったりとドラクエ10を再開しました。というか忘れちゃってるので最初からやってた。今なら経験値3倍もらえたり、イベント進行中は次の場所まで移動を省略できたりで、わりとサクサク進む。シナリオもしっかりドラクエしてて面白いのでオススメ。なんだけど、どこまでやるかなぁ……。とりあえず1本目の「目覚めし五つの種族」はクリアしたけど、やりこみ要素多いしメインシナリオはまだ沢山残ってるし。夏まではファルコムファンとしては軌跡ラッシュにのっていかないとって思うし……ってもう零:改は出てるのか。

2020年3月8日日曜日

今年最初のシューティング

これを入れるのはどうかとも思うけど、ムーンクレスタ1周はしてるので一応カウントしとく。

あとメガドラミニでスラップファイト。無事にノーミス1周〜と思ったら、そのままノーコンで3周目まで行けました。



去年の記録でアップし忘れてたラジルギスワッグが出てきたのでこっちも。すでに遊び方を忘れてるなぁ。

2020年3月5日木曜日

Darksiders

今年最初のアクションゲームはDarksiders。とは言っても去年セールで買って遊び始めたのはだいぶ前。洋ゲーとっつきにくいなぁ……と思いつつ、慣れてきたら楽しくなって最近ようやくクリア。

買った時と遊び始めた時はドラキュラ系の3Dゲームって認識で遊んでたんだけど、実際にはアイテム集めて強くなってくし、謎解きパズル要素が強いしで、ノリ的には完全にゼルダだった。そんなわけで、可愛くないガチムチのキャラでも気にならないっていうゼルダ好きは気にいるゲームかも。

ちなみにボス戦は結構難易度が高めで、ノーマルでも苦戦。特にワームとの騎馬戦はかなり練習が必要だった。あと謎解きも自力で全部やるのはキツイかも。自分はわりと詰まったら躊躇なく検索して攻略サイトを参考にしちゃいました。中盤がボス難易度的にもマップの謎解き的にも難易度が高い気がする。普通にやってると数回は詰まるんじゃないかな。こんなペースでトータル25時間ほど。セット販売だったのか覚えてないけど2と3も持ってるのでいつかまた続きでも。

ストーリーはわかったようなわかんないような。設定と雰囲気はクリアする頃には理解できてきた。

2020年3月2日月曜日

Farpoint

今年のVRゲーム1本目はFarpoint。

PSVR買うためにソニーストアでお試しプレイをして、数分で真っ青になって目をぐるぐる回しながら種類にサインしてPSVRを買ったのも今となっては良き思い出。

で、今すごく安く買えるので、酔う覚悟で購入して実際に家でやってみたら記憶に残ってるほど酔わない。というかSkyrimとかと比べてそこまで視界移動が違うとは思えないんだけど、実際に比べると圧倒的に酔わない。VR設定が色々細かくできるようになってるので、おそらく店頭で試した時とは設定が違うんだろうなぁ、と思う。特に視界が回る時に中心点を表示するかどうかで酔い方が段違いみたい。少し見にくくなるけど適度に気がそれるかつバランスを失わずにすむのかな。僕の場合、VR酔いは視界 に加速度かかるたびに脳がぐにゃぐにゃ揺さぶられる感じになるので、これが軽減されるのは大きい。

コントローラーは専用コントローラが欲しい感じでもあったんだけど、標準コントローラでもグリップ感がそれっぽく、違和感なく没入できた。そうそう、普段PS4はホリ製のコントローラ使ってるんだけど、こればかりは裏面が光る純正コントローラじゃないと駄目。デスストもBBあやすのに標準コントローラ必須だったな。

ゲームはクイーンスパイダーまでは無難に進んで、ここで詰まって一晩お休み。翌日改めてパターン組んで無事に倒せました。ここが一番の山場ってのが世間的な評価なんですが、個人的にはこのあとのマシーン軍との戦闘が一番きつかったかも。その後の宇宙人との戦闘はわりとゴリ押しで。最後は消化不良と評判の謎エンディング。確かに、当初の定価で遊んでるとちょっとズッコケるかも。

でもまぁ、VRについて健康面、エンターテイメント性どちらからも非常によく研究して作られていて、PSVR持ってるなら買っとくべき1本というのは間違いなく同意。

ってそうだ、アンアーシングマーズも最近やってた。もしかしたら今年1本目はそっちかも。あれも謎シナリオだったな……。そう言えばどちらも「強引にプロジェクトを進める視野の狭いヒステリックな女性リーダーに振り回され命からがら生き延びる部下」みたいな設定なんだけど、なんかそういうステレオタイプでもあるのかな?どちらも海外制作なのでちょっと不思議。

東京ザナドゥeX+

今年クリアしたRPG一本目。だいぶ前の安売り時に買ったまま積みフォルダに入ってました。イースにかわるアクションRPGとして作られた感じはあって、イースVIIIが大成功した今となっては続編がどうなるかわからないですが……。内容としては近藤イースのアクション要素に軌跡シリーズの武器システムを追加、イース・軌跡両シリーズにも織り込まれていた恋愛ゲーム要素をもっと強く出し、アドベンチャーパートとアクションPRGパートをはっきり分けたゲーム構成になっています。各キャラクターも泣き設定が山盛りで葉鍵全盛期を生きた人間には嬉しい内容。あと閃の軌跡からみんな大好きトワちゃんも登場。

プレイ時間は20時間程度で時間のない年寄りには嬉しい(軌跡シリーズの80時間が複数本で1つの話とか重すぎる……)。最初にメインストーリーで悲しい結末。終了後はラストシーンから分岐が増えて追加ステージを経てハッピーエンドへ。ここまで来るとアフターストーリーに入れるようになって、ここからはクリア後のおまけというよりは、しっかりと作り込まれた短編になってて。ハッピーエンドでも話はまとまってるんだけど、こちらでは少し深堀りした形で話をまとめ直してます。なのでクリア後のかさ増しやりこみ要素とか興味ないって人でも遊んだほうが良い内容でした。

アクション要素に関してはイースみたいにフラッシュムーブでガチャガチャやらなくても大丈夫なのでコントローラも壊れないし指も痛くならないです。遠距離攻撃とか協力攻撃が特徴的かな?

あと、このゲームわりと下着の防御が甘いです。


アクションとる操作キャラは見せまくり。


アイドルのリオンも見せる。

そして学校の生徒たちが倒れてるシーンではキャラごとの下着のこだわりが。スタッフの意気込みが伝わってきます。あと、防御の堅いキャラはひたすら防御が堅く、このシーンでも壁際にいて見えなかったり、気絶してなかったりなどなど。そのへんも拘りなのか……確かにトワちゃん見せないのは賛成派です。


今の軌跡とイースだけで作る方も大変だろうし、遊ぶほうもいっぱいいっぱいなんだけど、長期的には続編も期待してます。